シャトー・デュ・ボワのトゥルーラベンダー「青き黄金」のご紹介
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

シャトー・デュ・ボワのトゥルーラベンダー「青き黄金」のご紹介

¥0

送料についてはこちら

プロヴァンスの大地が育んだ「青き黄金」と呼ばれる真実のラベンダー。 ラベンダーは南プロヴァンスをはじめとする世界各地で栽培されています。交配が盛んで、その品種は実に多様です。シャトー・デュ・ボワの栽培するトゥルーラベンダー(真正ラベンダー)は、数ある高知ラベンダーの原種であり、高知(標高900m 以上)にしか生息せず、収穫場所や量が非常に限られます。また、精油100㎖の生成には、13㎏もの花が必要となるため、大変希少です。やさしいフローラルノートと爽やかなハーバルノートが混ざり合ったまろやかな芳香は、トゥルーラベンダーの中でも随一と言われるほど。人々の健やかさをサポートしてきた力強い存在として、フランスでは「青き黄金」と呼ばれ珍重されています。 A.O.P. 認証取得 シャトー・デュ・ボワのトゥルーラベンダーは、A.O.P(Appéllation d'Origine Protégée / アペラシン・ドリジン プロテジェ)という EU が規定する品質認証を受けています。 A.O.P. 認証は、気候条件、日照、土壌、植生、飼料、先祖 伝来の伝統的栽培方法や生産法などの要素をクリアしたもののみに与えられます。 ECOCERT 認証取得 シャトー・デュ・ボワの製品は、フランス政府から ECOCERT 認証を受けた オーガニックの製品です。 ※ ノンシリコン・鉱物油フリー・パラベンフリー ※ 動物実験はしていません ※ コーンスターチをベースとした 微生物分解性物質で製造された 100% リサイクル可能なエコパッケージを使用しています。